あと何日で人生に納得できるかカウント

承認欲求の権化(自分調べ)とも言われるFランJDが幸せになるまで何日かかるかをカウントする自慰ブログです。

貴君の好みは聞いてない

月曜日の2限に間に合うのが厳しくなって来たので履修辞退を申請したら今度3限が厳しくなって来た脳足りんこと私である。こんにちは。

 

今日は、夏休みにしたいこと、である。夏は好きか。私は正直好きではない。考えてもみて欲しい。冬は何枚でも着込めばよい。そうすれば寒さという概念から逃れることができるが、夏は脱ぐにしても限界がある。俺は皮と肉まで脱いで感覚を失ってみせる!というやつならそれはそれで構わないのだろうが、私はあいにく理性を人並みに兼ね備えた人間であるので家でもさすがに全裸で過ごすこともできない。ただ世に言うパリピ(私と同じ芋のために説明すると、パーティーピープルの略でリア充とほぼ同義語である)はみんな夏が好きでしょうがないらしい。そんなに好きならセミを見習い共に死ねと言いたいところだが、きっとパリピは春も夏、秋も夏、冬も夏、もちろん夏は夏で年中無休24時間営業のエブリデイTUBEなのだろう。

f:id:hanabebop:20170613135308j:image

 

話がだいぶ逸れたが私はそんな嫌いな夏を嫌いで終わらせないためにしたいことがいくつかある。

1つは海に行きたい。これは夜でも昼でも構わない。とりあえず友達の運転する車に乗って海に行きたい。これこそ私の思い浮かべるリア充像そのものである。昼に行った暁には是非とも水着を着たいのだが、今の体型のまま行けば宮城の海で森三中がロケをしていると騒ぎになりかねない。早急に対策が必要だ。

2つ目は楽天の試合を観戦しに行くことだが、これは私の所属しているサークルの人たちと行くことになりそうである。私と違って皆、青春を謳歌しているような人ばかりのサークルなので、「てめーのような芋は除名だ」とその日までに言われることがなければ叶う見込みはある。

他にもビアガーデンやキャンプ、行きたいこと、やりたいことは山ほどあるし、なんなら友達の家で餃子かピザを食べまくりたい。ただ夢を持ちすぎると叶わなかった時、リア充の家のクーラー夏中付けっ放し妖怪と化しヨーデルヨーデルしかねない。とりあえず上記の2つをどうにか叶えたい気持ちでいっぱいだ。

 

余談になるが私は夏にハーフパンツを履いている男の人があまり理解できない。暑いのは百も承知だが是非ともそのハーフパンツを脱ぎ、黒いスキニーに変えてはくれないだろうか。「てめーの好みは聞いてない。俺ははなちゃんがもはや理解できないから死んでくれ」と言うのであれば、ハーフパンツ禁止条例締結を条件として考えてやらんでもない。

褒めらたいか否か

顕示欲の権化ともあろう私が、ブログの更新を怠っていた。天変地異はしかるのち起こるべくして起こるに違いない。ブーイング承知で言わせていただくと、待たせたな、である。

 

だが安心してほしい。私がブログを更新しなかったのは日常が充実していたからでは決してない。「いくら自分に自信がない人間でもはなちゃんを見れば心休まる」と言われる私のことを舐めすぎてはいないか。そんな簡単に人生楽勝一本道になってしまったらそれこそこっちがネタを切らして心どころか呼吸さえ休めて死んでしまう事態になりかねない。

 

今日は「褒める」話である。突然だが新垣結衣は一体人生でどれだけ褒められたことがあるのだろうか。この話を書くにあたって考えてみたのだが、多分、私の人生の褒められ回数=新垣結衣起きてから正午までに褒められた回数、として多分ほぼ間違いない。ここまで褒められておきながら逃げるは恥だが役に立つと言うなら私は新垣結衣をどうにかしなければならないと思う。こちらはもはや人生という名の無限のイバラ道から逃げだしたい。生死がかかっているのだ。そんな私なので普通の人間であれば「褒められた!やったー!」となるところがこうならず、「え…なんか褒めてもらった…この人頭おかしいのかな…」という超最低最悪な思考回路を有してしまっている。日常的に可愛い、いい子、かっこいいと言われる人たちの精神状態を知りたい。ちなみにこんな私でも優しい後輩たちから「はな先輩かわいい!」と言われることがある。今鼻で笑ったやつは逃げ恥全9巻を紐で縛ったのちその角で頭をぶん殴りに行くので今から背後には気をつけるように。気を取り直して、そのかわいい発言の時に私が一体何を思い浮かべているか諸君らにはわかるだろうか。答えは「わたしが過去にお世辞で褒めた先輩のことを思い出す」である。最低最悪極悪非道の笑ゥせぇるすまんも思わず真顔になってしまうほどのクズっぷり。一体どこでこんな精神を培ってしまったのだろうか。星野源に褒められるとなればまた話は違ってくるのだろうが。

体重の話

太った。

正確に言えば、ものすごく、太った。

 

私はここ数年、自分の体重はいわゆる標準のものであると自負していた。その証拠に私が「痩せたい」と発言すると8割方「痩せる必要はないよ、痩せてるよ」との返答が来る。女子間で行われるやり取りの9割が盛られていることを考慮しても標準程度の体型なのではないかと考えつくだろう。ちなみにであるが、私が「可愛くなりたい。ブスは嫌だ」と発言した場合には息を飲むような沈黙が訪れる。さながら風の谷のナウシカのラストシーンの様に、ただの無がそこを支配する。黄色い触手が私を慰める気配すらなく、もはや一時停止画面である。むしろここで負った傷は流石のオウムの触手も癒せはしない。説明するまでもないがこれは「私が9割盛ってもフォローしきれないブスであること」を示している。ナウシカで例えるなら大ばば様ですらない。巨神兵だ。デブにも許せるタイプはある。柳原可奈子渡辺直美も全然ok。ヒエラルキーのtopを挙げるなら篠崎愛だ。私の顔が篠崎愛だったなら私はもしかしたら篠崎愛のかわりに篠崎愛だったかもしれない。何を言ってるのかわからないがとにかく可愛いデブは全然いいということである。そして私である。巨神兵がデブになってなんの生産性があるだろう。もはや消費しかしない。食物もO2も消費しまくりではないか。

 

さすがに焦ってきたわたしは先日seiyuに小腹が減った時用のカロリーゼロ寒天ゼリーを買い行った。悪あがきにもほどがある。4種類の味を買ったがコーヒー味は格別にまずかった。あれは土でも食べていた方がマシだった。ダイエット用の食品がダイエットがうまくいかないような味になっていては本末転倒だ。皆至急seiyuにクレームを入れたし。ただ私もゼロカロリーにかまけて寒天ゼリーを食べた後に普通に食事をしているので胃だけが寒天ゼリー以降さらに大きくなってこれまた本末転倒である。煽りはコメント欄に入れたし。 

 

4月の1週目には身体測定がある。

うまくいくダイエット方法があるのなら是非とも教えていただきたい。巨神兵は腐って消えれただけマシだった、と思うような事態は是非とも避けたいのである。

始めます

どうもわたし、わたしです。

 

ついにまたblogという人間の闇を作成するところまで魂を腐らせてしまった。

なにせほんとに暇である。大学生は入学金で人生の休暇を買っているに違いないと思う。そうでなければこんなのは絶対おかしい。暇で暇で暇すぎて春休み5、6本のアニメを全クール見終わって、カウボーイビバップのラストに今月初の涙を流したあたりでいっちょブログでも始めるかとなったわけである。

 

ちなみにブログを始めるのはこれが初めてではない。中学一年生の時に始めたfc2blogがわたしのblog処女喪失の瞬間であった。その時のわたしはまさに中二病、中一でありながら一年飛び級して中二病を患ってしまっていたのでもうブログタイトルからして香ばしさに目が絡むものだったような気がする(もはやここまでくると思い出したくない)。どのくらい香ばしいかというと未だにその中二病全盛期に住んでいた盛岡市の友達に会うと、その時のブログタイトルをあげてからかわれるくらいである。といいつつも、今も6年留年して中二病を患ってるようなものなのでまあ大差は無い。

 

で、一体全体なにを書くのかということだが、

かくいうわたし、3ヶ月ほど前に大失恋をしてしまった(選挙カーに負けない騒音で毎日騒ぎ立てているので周知の事実だとは思うが)。それ以来ツイッターで毎日毎日晴れの日も雨の日も彼氏が欲しい彼氏が欲しいとFランJDを名乗るに誇らしいほどの語彙力の無さを発揮してきたわけだが、既に3ヶ月が経過し今尚彼氏はできていない。逆にすごい。こんなにも彼氏が欲しい誰でもいい痩せてればいい学生だけど月30000は彼氏に貢げると言ってるにもかかわらずなんの色恋沙汰もない。一体これはどういうことだろう。高嶺の花すぎるのかなと思いながら私の指が勝手に湘南美容外科のサイトを開いていたのに気づいた時にはちょっと泣いた。そういうわけで、私はこのblogで私が幸せを掴むまでの日記をつけていこうと思っているわけです。幸せが何たるかはわからない。彼氏ができることかもしれないし、もしかしたら私の永遠のバイブル、カードキャプターさくらに登場する永遠のお兄ちゃん"木之本桃矢"(初恋の人)にさらなる心酔をしていくことかもしれないし、あるいは友達と毎日遊びに街へ出て借金をこしらえることかもしれない。わからないけどまあ幸せになりたい。

 

そういうわけです。

私の自己満足ちゃんと顕示欲くんを腹一杯にさせるためだけのブログなので、あんまり悪口言わないでね…

 

ちなみにこういうの書くから彼氏できないんじゃないの…という正論ではお腹は満たされませんので悪しからず。